1月
29
2013

Real Scenes: Johannesburg

南アフリカ、やばいやばい!と聞いていたんですが、ホンマにやばそう!(良い意味で)

HOUSE MUSICが物凄いプロップスを得てるのね!いや、もう ホンマ凄い!羨ましくなっちゃう位!

えっつ、HOUSE MUSICって 南アフリカ生まれ?なん?と見紛う程。笑。
Real Scenes: Johannesburg

real scenesという、連載ものなんかな?detroitとかもあったよ。にjohannesburgが登場!

South Africans are the biggest consumers of house music in the world, and Johannesburg is the beating heart of their scene. If you’re looking for proof, there is no need to visit a nightclub. In turning on a television, listening to the radio or walking down the street, it’s clear that a 4/4 pulse is the metronome of everyday life. The city’s preferred sound—vocal-led, percussive, melodic—is largely at odds with what’s popular in other international markets; this coupled with cripplingly slow internet speeds goes someway to explaining SA’s absence from the global house music conversation.

But although the scene’s stars hold ambitions that extend well beyond the country’s borders, the reality is that they’re thriving on home turf. Johannesburg has written—and continues to write—its own narrative. It has tales of hardship. The fight to free itself from the brutality of apartheid, and the role music played in that struggle. In a city still rife with poverty, house music can offer a way out. For our latest Real Scenes film we journeyed to Johannesburg and its outer lying townships, meeting the DJs, producers, promoters and record labels who are central to its story.

南アフリカのシーンで活躍するアーティストたちは国境を越えた世界レベルでの活動を狙っているが、実際は国内でしっかりとしたシーンを築き上げている。ヨハネスブルグには「困難の道」という独自の物語がある。そして音楽も、残忍なアパルトヘイトからの解放運動においてその役割を果たしてきた。現在も貧困に苦しむこの都市で、ハウスはその解決策となり得るのだ。今回のReal ScenesでRAはヨハネスブルグとその周辺に位置する黒人居住区を訪れ、DJやプロデューサー、プロモーターやレーベル関係者など、シーンの中心に位置する人達から話を聞いた。

お気に入りのHOUSE AFRIKAのレーベルオーナーも出てきてる〜。

HOUSEなんやけど、アフリカンソウルが入ってるんやって。大好きやわ。

難しい事はさておき、本当に楽しそう!ほぼ毎日遊んで、音楽聞いて、べろべろになって、武勇伝作って。。。な日々を思い出した。

ルーフトップパーティーやばい!昔のzingや朝方のshelterを思い出させるね。

踊ると怒られたり、捕まったりする日本とは何かもう、根本的に真逆やな。

”私たちってラッキーよね。毎朝起きると そこには夢を追いかけるチャンスが約束されてる”

ってラジオのお姉さんが言うフレーズが素敵過ぎる!

その場を嘆いてもしゃーないから、どこまでも貪欲でありたいですね。

 

RA:resident adviser

 

categotry: | ▲TOP

Maybe you like!!


Comment

【コメントの投稿について】
   Furaha clothingでは、「Disqus」のコメントを使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分のプロフィールでコメント出来ます。アカウントの無い方もメールアドレスでコメント出来ます。
  (入力したアドレスはコメントには表示されません。)
  


ブログの感想や質問など お気軽にお書きください。

Shop Now

セレクトショップ furaha clothing コーディネートブログ