11月
13
2013

凛とした女の子におなりなさい/阿久悠

阿久悠 書評

毎日毎日ブログ書こう!とは意気込んでいるんですが、やっぱ難しいよね。
FACEBOOK/TWITTERもちゃんとせなあきませんよ!とのお言葉を頂いたばかり・・。
なので、SNSでやって居た事をこちらのブログに移行して行こうと思います。
コーヒー中毒並びに活字中毒のワタクシ。
日々、読んでるのもご紹介していけたら。
かなり、偏りがありますが、守備範囲は広いと思います。

本って一生でどの位読めるか知ってますか?
沢山読んでも、作者名の『あ』までしか読めないそうです。
それを聞いた活字病の私は、「何だってー!?!?」と速度が加速したのは言う迄もありません。

で、最近読んだ1冊。
「凛とした女の子におなりなさい/阿久悠」
唯一毎回読んでる雑誌、暮らしの手帖に昔掲載されていた阿久悠の連載。
たまたま、祖母の家に行った時に見た、1册に丁度この回で載っていて、物凄く感銘を受けました。

「凛とした女の子におなりなさい」

女の子だからといって
ヨワヨワしていたり
メソメソしていたり
何かというと他人を頼りにし
愛しいと思われてみたり
そんな子である必要はないのですよ

助けてやりたいとか
庇ってやりたいとか
守ってやりたいとか
男にとってはいい気分だろうけど
そんなもの 美徳でも
魅力でもありゃしない

いいかい 女の子だって
強くってもいいんだよ
粗雑であったり
乱暴であったり
不行儀が平気なのは困るけど

ちょっとした挨拶の誠意と
心地よい微笑の会釈と
問われた時にハイと答える
意思さえ感じさせれば
強くっていい

男は自分が弱い者だから
縋りつく子を抱きしめるが
そんなのは三日だけの愛おしさ

あとは 只の重荷になる

傷つけないようにハッキリと言い
侮辱を感じさせない態度をしたら

あとは自由に生きなさい

強く生きなさい

自由で強くてやさしい子を
凛としていると言います
凛とした女の子におなりなさい

凛とした・・・

近頃いないのです

阿久 悠

阿久悠 書評

 

あとがきに書かれていたのですが、女性はみーーんなこれを読んで、自分の事と思うそうです。
私も自分の事かと思いました。
阿久悠さんが素直であれ、正直であれと背中を押してくれ、物凄く優しい目線で書かれています。
何回も繰り返し開いて読みたい1冊。

categotry: | ▲TOP

Maybe you like!!


Comment

【コメントの投稿について】
   Furaha clothingでは、「Disqus」のコメントを使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分のプロフィールでコメント出来ます。アカウントの無い方もメールアドレスでコメント出来ます。
  (入力したアドレスはコメントには表示されません。)
  


ブログの感想や質問など お気軽にお書きください。

Shop Now

セレクトショップ furaha clothing コーディネートブログ