1月
29
2014

サバイバル登山家 服部文祥

サバイバル登山家 服部文祥

やーべー!服部文祥さん、ご存知?
まず、情熱大陸をどうぞ!



ほんま、世の中には色んな人居るよね。
私が1番始めに知ったのは、HONZと言うノンフィクションの書評サイトでした。
読みたいなーと思っていた、『白夜の大岩壁に挑む クライマー山野井夫妻』文庫解説 by 服部 文祥の書評を書いてはった。

「生きようとする自分を経験すること、僕の登山のオリジナルは今でもそこにある」
ハットリ・ブンショウ。36歳。
サバイバル登山家。フリークライミング、沢登り、山スキー、アルパインクライミングからヒマラヤの高所登山まで、オールラウンドに登山を追求してきた若き登山家は、いつしか登山道具を捨て、自分の身体能力だけを頼りに山をめざす。「生命体としてなまなましく生きたい」から、食料も燃料もテントも持たず、ケモノのように一人で奥深い山へと分け入る。南アルプスや日高山脈では岩魚や山菜で食いつなぎ、冬の黒部では豪雪と格闘し、大自然のなかで生き残る手応えをつかんでいく。
「自然に対してフェアに」という真摯な登山思想と、ユニークな山行記が躍動する。
鮮烈な山岳ノンフィクション。

私が知ったのは、情熱大陸とBSの北極圏サバイバルを観てから。
サバっ…!?サバイバル登山って何?!?!と、この本読んでみました。
最低限の荷物で食料も現地調達。
上の情熱大陸で大分とどんな物か明かされています。

上の映像や登山スタイルはまあまあぶっ飛んでるんやけど、
文章は物凄く綺麗で、たまにハッとする文章があったりする。

ハードコアなアルパインスタイルの登山も通り越して、1周して、サバイバル登山に行き着いた模様。
サバイバル登山!と言いつつ、たまに山で逢う人に何か食料ない!?と言いそうになったり。
僕そのものが山に近くなって行くと凄いガチムチなのに、たまに女々しくなる所が何か人間ぽくて憎めない。
この人好きだわ。

 

categotry: | ▲TOP

Maybe you like!!


Comment

【コメントの投稿について】
   Furaha clothingでは、「Disqus」のコメントを使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分のプロフィールでコメント出来ます。アカウントの無い方もメールアドレスでコメント出来ます。
  (入力したアドレスはコメントには表示されません。)
  


ブログの感想や質問など お気軽にお書きください。