6月
15
2018

William Kentridge-ウィリアム・ケントリッジ

William Kentridge-ウィリアム・ケントリッジ

William kentridge

木炭とパステルを使って描かれたドゥローイングによる、まさに「動く絵」と呼べるような手描きアニメーションの手法を用いて、ホロコーストや彼の出身である南アフリカの抱えるアパルトヘイトの問題といった政治的な重いテーマを扱いながら、詩情あふれる作品を制作。俳優、演出家、著述家といった多彩な分野でも活躍している。
国際展:97年ドクメンタ、98年サンパウロ・ビエンナーレ、99年ヴェニス・ビエンナーレ、カーネギー・インターナショナル99-00、2000年光州ビエンナーレに参加。

William KentridgeのARTを見たのは、だいぶ昔のNYのグッゲンハイム美術館でした。
真っ暗の部屋に映写機に無言でWilliam Kentridgeのモノトーンの中に赤、青だけが浮き出されてる。
て言うのかな。

初めて見た時、頭をご~~~~いーん!って殴られたみたいに衝撃的でした。
うまい事説明できないんで、コレ見てみてね♪

Felix in Exile

Pain & Sympathy

willamは南アフリカ出身だそうで、扱ってるテーマがAFRICAだったり、
かなりDEEPな問題をARTのテーマにしているそうです。
更にモノトーンの世界がさらに深めてくれているんですね。

ARTと読書は、唯一別の世界に連れて行ってくれるものです。
美術館と読書好きは、多分おばあちゃんの影響ですね、私は。

イロイロなものに感化され、深みのある人になりたいですね♪
モチロン写真集も。

William kentridge
IMG_2336
日本では京都でやってる、kyoto graphieや近代美術館でも巡回で見れます。
動くドローイング、アートとアニメーションが一緒の世界観は見ないと伝わらないかと思いますので、
是非、一見の価値ありです。
LINK→ウィリアム・ケントリッジ 歩きながら歴史を考える@京都国立近代美術館

William Kentridge

https://art21.org/artist/william-kentridge/

categotry: | ▲TOP

Maybe you like!!


Comment

【コメントの投稿について】
   Furaha clothingでは、「Disqus」のコメントを使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分のプロフィールでコメント出来ます。アカウントの無い方もメールアドレスでコメント出来ます。
  (入力したアドレスはコメントには表示されません。)
  


ブログの感想や質問など お気軽にお書きください。

Shop Now

セレクトショップ furaha clothing コーディネートブログ