2月
06
2014

垂直の記憶 山野井泰史

あれ、荷物が来ない・・。
荷物無くなったとかじゃないよね・・。と不安に戦きつつも、BLOGは書いとこう。

ずーーっと探して探して探してたんやけど、なかなか発見出来なくて、
この本は古本とかじゃなくて、新品で買おうと思っていた1冊。

垂直の記憶 山野井泰史

垂直の記憶/山野井泰史

2002年秋、山野井泰史は、ヒマラヤの難峰ギャチュン・カンに単独登頂後、
下降中嵐につかまり、妻・妙子とともに決死の脱出を試みる。
高所でのビバーク、雪崩の襲来、視力の減退、そして食料も登攀具も尽きたなかで、彼らは奇跡的に生還した。
初めて自らのクライミングの半生を振り返り、激しい登攀への思いと未来への夢を綴った再起への物語。

私が面白そうな本をよくチェックしている、
わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる“というサイトで
沢木耕太郎の”凍”と言う本が紹介されていたのが始まり。

“凍”の方はヒマラヤの遭難〜帰還までを沢木耕太郎が書いた物で、
こちらは遭難までの山行、考え、そして、遭難、帰還を本人が書いたもの。
ビックリする位読みやすくて、かなり文才があるお方。
物凄いハーコーな山行の間に山野井さんの考え方や思いが詰まってました。

“登山家は、山で死んではいけないような風潮があるが、山で死んでよい人間もいる。そのうちの一人が、多分、僕だと思う。これは、僕に許された最高の贅沢かもしれない。”

:『垂直の記憶』はスゴ本
:歯を食いしばって読む『凍』

はい、情熱大陸。

何かのインタビューで
“その山に登った経験や思いは自分だけの物だから、人に話すとその感動が徐々に薄れて行く”
と仰ってたのでその中でのこの本は本当に有り難い。
限りがあると知っている人は本当に強い。

人が皆、山野井さんに魅了されて、憧れるのが少し分かる気がした。
山岳小説&ノンフィクションでもはや読む手が止まらないおすすめの1冊。

ヤマケイ文庫さん、かなり面白い本出してるので、ちょくちょくチェックしておこう。

かくゆう、私はハードシェルを買ってしまった訳ですが・・・。
これはもう氷瀑とか行くっきゃない!

arcteryx ALPHA SL JACKET
Furaha clothingではsave up to 30-50%OFF!やってますよ!是非、チェックして下さい♩
セール

categotry: | ▲TOP

Maybe you like!!


Comment

【コメントの投稿について】
   Furaha clothingでは、「Disqus」のコメントを使っています。
  ツイッターやフェイスブックなどにアカウントをお持ちの方は、ログインすることで
  自分のプロフィールでコメント出来ます。アカウントの無い方もメールアドレスでコメント出来ます。
  (入力したアドレスはコメントには表示されません。)
  


ブログの感想や質問など お気軽にお書きください。